お米文化に変わるパン文化を広めたい la vie du reve(ラヴィデュレーヴ)愛知県岡崎市

直営店 フランチャイズ事業 Service
la vie du reve (ラヴィデュレーヴ)

おいしさを追求した結果、
辿りついた“冷凍”という選択。

ラヴィデュレーヴでは、創業以来、おいしいパンを日本中に広めるという使命を果たすために、研究を進めてきました。日々、高みをめざし、試行錯誤を繰り返す中で、一筋の光明となったのがパン生地を“冷凍”するという発想の転換でした。

冷凍パンが注目された始めた頃は、“冷凍”というと、効率性を重視した末の妥協案というイメージが一般的でした。しかし、機器の精度が上がり、技術の革新が進んだことで、単なる効率化のためではなく、パンのおいしさを引き出す有効な方法として、新たな可能性が広がったのです。

ラヴィデュレーヴでは、これまで培ってきたノウハウを応用し、冷凍技術を取り入れた独自の生地づくり、冷凍に適した門外不出のレシピを開発。小麦本来の甘み、旨味をとじこめた生地は、新たなおいしさを生み出しました。

そして、輸送や保管など、冷凍パンならではの優位性を最大限に生かすことで、日本中にラヴィデュレーヴの生地を届けることが可能に。

冷凍パン生地の導入により、専門的な技術や知識を有する小麦の選定や粉のブレンド、捏ねのステップなどに関する各店舗の負担はなくなり、出店へのハードルは一気に低くなります。

また、ミキサーなどの設備投資が不要なため、省スペース、初期コストの軽減、職人育成のための時間短縮など、ゆとりが生まれます。

ラヴィデュレーヴの冷凍パン生地は、おいしさ最優先です。

“パンが好き、パン屋をやりたい、おいしいパンでお客さまを喜ばせたい。”
その思いを、おいしさを追求した究極の冷凍パンで叶えます。

思いをつなぎ、夢をカタチにする
「レーヴシステム」

日本国内のベーカリーチェーン店、有名個人店、世界的に名を馳せるフランスの名店、フランス料理店のベーカリー部門など、多種多様な厨房を経験してきたオーナーの加藤大貴。パンの作り方、提供のし方、楽しみ方、広め方など、無限に広がるパンの可能性を、身をもって体感してきました。

その経験を結集して生み出されたのが、レーヴシステムです。
冷凍パンの常識を覆すレーヴシステムで、“パンのある生活=ラヴィデュパン”を日本全国へ、広めます。

Flow

レーヴシステムで実現する
オリジナル商品ができるまで

  • 依頼・ヒアリング

    まずはお店のコンセプト、商品や料理のラインナップをお聞かせください。その上で、お客さまが描いている、パンのイメージやバリエーションについてヒアリングさせていただきます。パン職人や立ち上げスタッフの派遣なども可能ですので、何なりとご相談ください。

  • 仕様設計・お見積もり

    生産量や概算の価格、形状や原材料、納品方法などをご提案します。既存のパン生地を使用するか、オリジナルで開発をするか。冷凍、冷蔵など、レーヴシステムの内、どの状態でパンを卸すか。バリエーションは何種類ほど必要か。といった諸条件に合わせてお見積もりをご提示させていただきます。

  • 試作品・提案

    ラヴィデュパンの生地をベースにアレンジした商品のほか、生地自体からオリジナルのレシピにてご提案させていただくことも可能です。お客さまによる試食、商品の調整、修正などを繰り返し、イメージに合った商品を作り上げていきます。また、ご希望のパンを提供するために最適な設備や機器などについてもアドバイスをさせていただきます。

  • 契約

    商品が決まったら、契約期間や取り決めなどを確認。諸条件をご確認させていただきながら、最終的なお見積もりを再度ご提示させていただきます。商品、契約内容、お見積もり金額にご了承いただけましたら、ベーカリーパートナーとして、正式にお取引をスタートさせていただきます。

  • 納品

    配送のほか、「ラヴィデュパン」本店へ取りに来ていただくこともできます。納品方法については、エリアや数量にもよりますので、契約時にご相談させていただきます。